【最高の寝袋】NANGA ナンガ オーロラ 900DX 使用感は?サイズ感は?購入レポ

【最高の寝袋】NANGA  ナンガ オーロラ 900DX 使用感は?サイズ感は?購入レポ

寝袋に関する質問が多かったので、今回レビューしてみます♪

 

[no_toc]

私が今まで使っていたのは、オーストラリアのホームセンターで買った$30(約2,400円)の寝袋。
オーストラリアでは本当に大活躍してくれました。
オーストラリアのバックパッカーはベッド(マットレス)だけでブランケットもないところも多かったので、旅の際は常にリュックに入れていっていました。

私は今、日本へ帰ってきています。住んでいるのは最北の地、北海道。
この寝袋、北海道では夏しか使えません

 

北海道四端制覇ツーリングの時は8月でしたので十分でしたが、今これを使用したら確実に風邪をひきます

と、いうことで新しい寝袋を探すことにしたのでした♪

 

レビューが先に読みたい!という方は目次から購入レビューへどうぞ!▼

 

 

そもそも、どんな寝袋を選べばいいの?

 

そもそも、厳冬用の寝袋なんて使ったことが無かったので。どれがいいのかさっぱりわかりません。
しかも値段が滅茶苦茶高い(約40,000~60,000円)
Amazonで売ってる安いのじゃ、やっぱ足りないかなぁ・・・?

 

そこでまずはキャンプ大好きな方も多い、インスタグラムのフォロワーさんのお力を借りることにしました♪

 

  

 

回答本当にありがとうございます!!!やっぱ安物はだめか笑

 

この時点で、決めました。

・きちんとしたメーカーの物を買う
・候補はモンベル、NANGA、ISUKA

 

大分絞れましたが、この3ブランドでも多くの寝袋を販売されています。

どれがいいのか・・・

 

 

極寒のアラスカなど、世界中を旅して回っている旅人(というか冒険家)の知人に聞いてみることに。

 

 

『厳冬用の寝袋ってどんなものを選べばいいんですか?』

 

『ダウンは水分を含むと途端に性能が落ちるから気をつけた方がいい』

 

そうか!ダウンは取扱注意なのか!じゃあ、ダウン素材以外で暖かいものを探せばいいのかな!
と、思って探し始めたのですが厳冬使用の寝袋は全てダウンでした。

 

えー!!どうしたらいいの!?

 

 

そこで、次はキャンプツーリングの達人に聞いてみることに。

 

 

『ダウンは濡れると性能が落ちると聞いたんですけど、厳冬使用の寝袋は全てダウン素材ですよね?何か対策がいりますか?』

 

『湿気や結露対策であればシュラフカバーというのがあるので、そちらがいいと思います。奮発出来ればNANGAのシュラフは防水コート仕様なので、シュラフカバー要らずで良いですよね。』

 

なるほど、なるほど・・・NANGAね!
ド素人の浅知恵よりもプロの意見の方が確実です。心は決まりました!

善は急げ!早速、NANGAのシュラフをポチったのでした。

 

 

▼購入したのはこちら▼

納期:2018年12月下旬NANGA ナンガ [山渓×NANGA] オーロラ900DXオールブラックALL BLACK・新価格 AUR900【山渓×NANGA】 オーロラ900DXオールブラックALL BLACK ブラック 一人用(1人用) ウインタータイプ(冬用)

 

 

前書きが長くなりましたが、使用感についてレビューします!!

 

購入レビュー

スペックについて

 

 

NANGA オーロラ 900DX
快適使用温度:-22℃
使用可能限界温度:-37℃

生地:オーロラテックス
裏地:-40dnナイロン
中綿:ヨーロピアンダックダウン900g
フィルパワー:760FP
サイズ:最大長228×最大肩幅85cm(身長185cmまで)
収納サイズ:φ22×34cm
重量:1,570g
生産国:日本

 

特筆すべきはやはり温度設定でしょう!-22℃まで耐えられるとは、これぞ厳冬仕様!

 


▲左:NANGAオーロラ900DX 右:オーストラリアの寝袋
厳冬仕様の寝袋ってもっともっと大きいと思っていたのですが、大して変わらないという印象です。
少し長さはあるものの、かばんに押し込めばある程度圧縮されるので大きすぎて困ると言った感じは無かったです。

 

 


▲袋から出した状態

 

 


▲広げた状態

 

で、でかいw
広げると、あっという間に広がってフカフカになります♪

 

防水加工について

 

防水加工とのことですが、キャンプした当日テントの中は結露でぐっしょり濡れていました・・・。
テントの結露対策を真剣に講じないといけませんが、驚くことにシュラフカバーをつけていないにもかかわらず寝袋の中はサラサラで快適でした!


▲画像はNANGA公式サイトよりお借りしました。

 

防水加工、かなりありがたいです!!

 

サイズ感について

サイズについて
185cmの方まで使えるとのことですが、私にとっては普通の布団で寝てるのと遜色ないぐらい広々使えました

▲なんだか貞子みたいになってますが笑
足が付くぐらい一番下に下がった状態で腕を伸ばしてみました。
私の身長は160cm。私にはフードが要らないぐらいすっぽり収まります。

 

 


▲横幅も十分。片腕が伸ばせる広さです。

 

 

使用感について

 

入った瞬間、暖かいです。正確には、入ってすぐ体温でシュラフが温まって、ポカポカしてくる感じ。
ダウンが豊富に入っているので、モコモコに包まれている贅沢な気分を味わえます。
天井側はフカフカで申し分ないのですが、底側は自分の体重でダウンがつぶれてしまいますので、かなり底つき感は出ます。
ある程度厚みのある(高反発)マットが必要だなと感じました。

入っただけでも暖かかったので、夜熱くて目が覚めるのは嫌だなぁと思ってTシャツ&ショーパンという真夏の格好で寝ましたが、朝まで超熟睡でした!

この時の外の気温は8℃です。

 

 


▲フードを締めた状態。かなり包まれている感があります。
まだ、この状態で寝たことはありませんが冬はポカポカ寝れそう。

 

 


▲一度外に出て、首元のUP写真です。口が二重になっていて、それぞれに紐が付いていて締められるようになっているので、熱を逃がしにくそうだなと感じました。

 

 

その他外装

 

マミー型の寝袋ですが、足元までチャックで開けることが出来ますので、掛け布団としても使えそうだなと感じました。夏用じゃ肌寒いけど、冬用とまではいかない・・・と言う時にその方法で使ってみたいと思います。

 


▲足元には輪っかも♪干す時に役立ちますね!

 

 


▲MADE IN JAPANのロゴ

 

 

収納はどうなの?

 

広げるとかなり大きくなったので、広げたは良いけど仕舞えるの?と少し心配していましたが
結論から言うと全く問題なく仕舞えました

 

 


▲足元から、空気を抜きつつ巻いていきます。

 

 

▲手のひらで手前から奥に空気を抜きつつ

 

 


▲巻き終わったとことは足で押して、さらに空気を抜きます。

 

 


▲頭の近くは半分に折りたたんで、さらに空気を抜きつつ巻いていきます。

 

 

要はちゃんと空気が抜ければOKです!

 

 


▲袋に入れれば完成!口が大きく開くので入れやすく、2重になっているので、締めるとコンパクトになりました。

 

 

今のところ、買ってよかったな~♪といった感じですが、これから使って行ってどう感じていくのか、またレポしたいと思います♪

読んでくださってありがとうございました♪

 

 


納期:2018年12月下旬NANGA ナンガ [山渓×NANGA] オーロラ900DXオールブラックALL BLACK・新価格 AUR900【山渓×NANGA】 オーロラ900DXオールブラックALL BLACK ブラック 一人用(1人用) ウインタータイプ(冬用)

 

 

ランキング参加中!
▼毎日、応援クリック本当にありがとうございます!

にほんブログ村